レモンパックとシミ

レモンパックがシミを増やす!?

輪切りにしたレモンを顔の上に並べるレモンパック。ビタミンCをたっぷり含んだレモンでパックすれば美肌になると信じられ、一昔前に流行しました。
実際にやったことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

しかし現在はこのレモンパックがシミの原因になると言われているのです。

 

そもそも健康な皮膚のpHは4.5〜6.0の弱酸性ですが、レモンはpH2.5〜3.0の強酸性です。
この強酸性のレモンがお肌の角質層を溶かしてしまうため、お肌を傷つけてしまうのです。

 

さらにレモンなどの柑橘類に含まれるソラレンという成分がシミを誘発します。
というのも、ソラレンは光毒性なので、お肌にしみ込ませた状態で紫外線に当たると皮膚の色素沈着を促進させ、シミができやすくなってしまうからです。
角質層が傷ついた状態で紫外線を浴びたら、シミができるのは当たり前ですよね。

 

レモンは食すことのできる自然由来のものであること、ビタミンCを多く含有していることからレモンパックはお肌によいと信じられていました。
しかし、現在ではシミの原因となることが判明しています。
同様にきゅうりにもソラレンが含まれているので、日焼けした後にするといいと言われているきゅうりパックも控えてくださいね。

 

ビタミンCの効果を期待するなら、通常のビタミンCよりも浸透力がアップした新型ビタミンC誘導体APPSを配合した化粧水が話題で人気です。

 

 

5年後10年後のために、シミができないように予防するなら

予防美白対策も今あるシミにも効果がある美白成分の違いを知っていますか?