洗顔・メイク落としでシミを作らないために

洗顔・メイク落としでシミを作らないために気をつけること

間違った洗顔やメイク落としでシミができてしまうことがあります。まず気をつけたいのが洗顔料やメイク落としの選び方です。

 

洗顔料はできるだけ添加物が少なく泡立ちの良いものを選びましょう。メイクは軽いものなら洗顔料で落とすことができます。重ね付けのマスカラなどは目元専用のメイク落としを使うとすっきり落とすことができます。

 

洗顔もメイク落としも強くこすらないようにすることが大切です。
肌を強くこすりすぎるとメラニン色素が増えてシミやソバカスを作るきっかけになってしまうからです。洗顔もメイク落としも肌をなでるように優しく洗うのがポイントです。

 

もうひとつのポイントは熱いお湯ですすがないことです。
熱いお湯で洗顔料やメイク落としを洗い流すと、肌に必要なうるおいを落としてしまうことになり、肌のバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能が低下した肌は紫外線の影響を受けやすく、シミやソバカスができやすくなるので38度程度のぬるま湯を使うようにしましょう。